埼玉県さいたま市行政書士渡邉洋一事務所 大宮支部所属 遺言・相続 消費者トラブル 自動車登録 - 遺言・相続 消費者トラブル 自動車登録 車庫証明

トップページ事務所案内遺言、相続クーリングオフ内容証明自動車登録車庫証明実例
トップ  >  車庫証明  >  車庫証明

車庫証明申請に必要な書類を発送して料金を振り込む。
あとは、郵送で送られてくるのを待つだけです。

「平日の昼間は仕事があるので警察に行けない」、「やり方がよく解らないので不安」など、車庫証明とは言っても慣れないと結構厄介です。申請時と受領時の2回警察に足を運ばなければならないというのも大変です。当事務所にご依頼頂ければ必要書類を郵送して、料金を振り込めば申し込み完了。あとは、郵送で送られてくるのを待つだけです。


利用料金


大宮署、大宮東署、大宮西署、上尾署、岩槻署、浦和署、浦和東署、浦和西署
11,400円 (行政書士手数料:8,800円 証紙代:2,600円)

蕨署、川口署、武南署、朝霞署、新座署、草加署、鴻巣署、川越署、東入間署、所沢署、狭山署、西入間署、飯能署、羽生署、加須署、春日部署、越谷署、久喜署、幸手署、杉戸署、吉川署
13,400円 (行政書士手数料:10,800円 証紙代:2,600円 )

東松山署、小川署、秩父署、小鹿野署、本庄署、児玉署、熊谷署、深谷署、寄居署、行田署
15,400円 (行政書士手数料:12,800円 証紙代:2,600円 )

その他(東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県)
15,300円から (行政書士手数料:12,800円 証紙代:2,500円から2,750円)

<オプション料金>
住民票取得 3,000円
使用承諾書取得 3,000円
現地調査・配置図作成 3,000円

2点セット:5,000円
3点セット:7,000円

<軽自動車 届出義務適用地域>
さいたま市、上尾市
5,800円 (行政書士手数料:5,300円 証紙代:証紙代:500円 )

川口市、川越市、所沢市、蕨市、戸田市、鳩ヶ谷市、三郷市、八潮市、草加市、越谷市、春日部市、和光市、朝霞市、志木市、新座市、富士見市、上福岡市、狭山市、入間市
7,300円 (行政書士手数料:6,800円 証紙代:500円)

熊谷市、深谷市
8,800円 (行政書士手数料:8,300円 証紙代:500円)

その他適用地域(東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県)
8,800円から (行政書士手数料:8,300円 証紙代:500円から550円)

※振込み手数料はご依頼人負担となります。


利用方法


0.無料ご相談フォームに入力・送信。※直接、正式依頼からも可能です


1.正式依頼フォームに入力送信。


2.フォーム送信後、下記書類を当事務所までお送りください。

<FAXしていただくもの>
(1)住所確認物(住民票、印鑑証明、免許証、健康保険証、公共料金領収証、公的機関からの郵便物宛名面いづれか1点。)
(2)車検証
(3)委任状(こちらをダウンロードして記名、押印ください。記載例

<郵送していただくもの>
(1)管場所の使用承諾書(こちらをダウンロードして作成ください。記載例
※駐車場を借りている場合、管理会社かオーナーさんに記入、押印してもらったうえ、郵送してください。オプションの代行取得を希望される場合は、FAXかメールにて、管理会社又はオーナーさんの名称、住所、電話番号をお知らせください。
(2)自認書(こちらをダウンロードして作成ください。記載例
※保管場所が自己所有の場合は、保管場所の住所、氏名、住所を記入し認印を押印して郵送してください。自認書の代理作成を希望される場合は、委任状の下欄のチェックボックスにチェックを入れてください。
※保管場所の所有者が、同居している親、兄弟である場合でも使用承諾書が必要ですので、ご注意ください。
※分譲マンションを購入した場合でも、駐車場は共有部分となりますので、殆どの場合管理組合の発行した使用承諾書が必要です。
(3)所在図(こちらをダウンロードして作成してください。)記入見本
※保管場所と使用の本拠の距離が直線で2kmを超えるときは申請できません。所在図、配置図の作成も依頼される場合は、FAXを送る際にその旨お書きください。

3.料金をお振込みください。
お振込先口座番号はメール等でお知らせします。入金の確認と必要書類の到着をもって着手となります。お急ぎの場合は、必ず電話でご連絡 ください。申請後、警察の調査員が実際に保管場所を調査しに来ますので、他の車を停めておいたり、物を置いたりしないでください。その後、保管場所証明書、ステッカーが出ましたら、ご依頼人あて郵送でお送りします。


行政書士渡邉洋一事務所に車庫証明をご依頼いただく利点


代理申請
行政書士が代理人として申請手続きを行います。申請代行ではありませんので、申請書への申請者の押印は必要なく、申請書の郵送は不要す。また保管場所が申請者の自己所有である場合、自認書も行政書士が代理作成できますので、郵送は不要です。
また、法人の場合で、支店・営業所で使用する車の申請を、本社申請する場合など、一々申請書を本社に送り、実印を押印して送り返すなどの手間が省けます。(※車庫証明用委任状への記名・押印が必要です。FAX可)

関東1都6県に対応します。
※それ以外の地域についても提携行政書士がいますので、お問い合わせください。

住民票取得・保管場所使用承諾書取得・現地調査/配置図作成などにも対応いたします。
※別途オプション料金がかかります。