埼玉県さいたま市行政書士渡邉洋一事務所 大宮支部所属 遺言・相続 消費者トラブル 自動車登録 - 遺言・相続 消費者トラブル 自動車登録 車庫証明

トップページ事務所案内遺言、相続クーリングオフ内容証明自動車登録車庫証明実例
トップ  >  デート商法 クーリングオフ例004
依頼者:近畿 男性 20歳 学生
商品:宝飾品
契約額:524,055円 全額クレジット 商品未受領
<状況>
携帯電話に突然女性から電話があり、優しく親しげに話すのでつい乗ってしまいイベントに行く約束をした。待ち合わせた喫茶店で話をしたあと店舗に連れて行かれた。そこで話をするうちに次第に商品の話になり、危ないと思い席を立って帰ろうとすると、出口の前に立ちはだかって行かせないようにする。無理やり押し通って行こうとすると、怖そうな上司らしい男が現れて厳しく怒鳴らたうえ連れ戻され「警察を呼ぶ」「営業妨害だから、おまえの家まで行って、親と話をして責任をとってもらう」「ダイヤモンドを買うか、親に話をするかどっちか選べ」などと再三にわたり恫喝され、親に迷惑をかけたくないので止む無く契約した。
<対応>
内容証明郵便にてクーリングオフ手続きすると共に、違法勧誘をやめるよう警告、解決。
(このケースは不実告知や退去妨害はもちろん、刑法の強要罪をも構成する。悪質極まりない。見ず知らずの女性がいきなり電話してきて会いたがるなど土台ありえない話。よほどの豪傑以外は行かない方が無難)