埼玉県さいたま市行政書士渡邉洋一事務所 大宮支部所属 遺言・相続 消費者トラブル 自動車登録 - 遺言・相続 消費者トラブル 自動車登録 車庫証明

トップページ事務所案内遺言、相続クーリングオフ内容証明自動車登録車庫証明実例
トップ  >  徒過(クーリングオフ期間を過ぎた)案件例026
依頼者:北陸 女性 92歳 無職
商品:ふとん打ち直し、健康食品、屋根リフォーム工事
契約額:790,000円 既払い金790,000円 商品は引渡し済み、工事は一部施工済み
<状況>
中程度の認知症が見られる独居のお年寄り宅に、業者が入れ替わり立ち替わりやってきて、健康食品、布団打ち直し、リフォーム工事を次々と契約させられてしまった。独居のため家族が気づくのが遅れ、何れも契約から1~2ヶ月経ってしまっていた。
<対応>
契約書面の不交付や記載不備、認知症のお年寄りに勧誘を行ったのは、特定商取引法の禁ずる「判断力の不足に乗じた取引」にあたることなどを理由として内容証明郵便にて契約解除を通告し、布団と健康食品については、既払い金全額の回収に成功したが、リフォーム業者はその後所在不明となり、回収は困難な状況となった。不要な工事であったが工事途中であったので、別の業者に依頼して完了させる必要が生じた。