埼玉県さいたま市行政書士渡邉洋一事務所 大宮支部所属 遺言・相続 消費者トラブル 自動車登録 - 遺言・相続 消費者トラブル 自動車登録 車庫証明

トップページ事務所案内遺言、相続クーリングオフ内容証明自動車登録車庫証明実例
トップ  >  展示会商法 クーリングオフ005
依頼者:近畿 女性 22歳 無職
商品:絵画(シルクスクリーン)
契約額:1,112,000円 全額クレジット 商品受領
<状況>
路上で「少しでいいので絵を観ていきませんか」と呼び止められ店内で絵を観たところ、執拗に勧誘され契約してしまった。翌日、クーリングオフのはがきを出したところ電話があり「あの時は買うと言ったじゃないか。クーリングオフ撤回の書類を書きに来い」と言われ、怖くなって行ってしまった。その場で再契約させられ、絵も届いているが、とても支払い能力がなく何とか解約したい。
<対応>
相談時点でクーリングオフ期間を10日あまり過ぎていたが、契約書面の虚偽記載や勧誘時の威迫行為、クーリングオフ妨害などを理由として内容証明郵便にて契約解除を通告し、信販会社には支払停止の抗弁書を送付して支払いを停止した。その後業者側がクーリングオフを認め、商品も返送して解決。