埼玉県さいたま市行政書士渡邉洋一事務所 大宮支部所属 遺言・相続 消費者トラブル 自動車登録 - 遺言・相続 消費者トラブル 自動車登録 車庫証明

トップページ事務所案内遺言、相続クーリングオフ内容証明自動車登録車庫証明実例
トップ  >  徒過(クーリングオフ期間を過ぎた)案件例005
依頼者:近畿 女性 21歳 学生
商品:宝飾品
契約額:1,021,650円 全額クレジット 商品未受領
<状況>
インターネットを通じて知り合った知人男性から「自分が作ったアクセサリーを見せてあげる」と事務所に連れて行かれた。何点か見るうちに、社長に掛け合って特別に安くしてあげるなどと勧誘され契約してしまった。その後やはり疑わしいと思い、メールなどで何度か解約を申し出たが、その度にはぐらかされてクーリングオフ期間が過ぎてしまった。
<対応>
依頼時点でクーリングオフ期間を8日間過ぎていたが、契約書面の記載不備、クーリングオフ妨害時の不実告知などを理由として内容証明郵便にてクーリングオフを通告し、業者側も無条件で受け入れ、解決。