埼玉県さいたま市行政書士渡邉洋一事務所 大宮支部所属 遺言・相続 消費者トラブル 自動車登録 - 遺言・相続 消費者トラブル 自動車登録 車庫証明

トップページ事務所案内遺言、相続クーリングオフ内容証明自動車登録車庫証明実例
トップ  >  電話勧誘 クーリングオフ例002
依頼者:関東 女性 31歳 主婦
商品:ダイエット食品
契約額:382,414円 全額クレジットカード(分割)決済 商品受領一部使用
<状況>
ネット通販で廉価なダイエット食品を購入したところ、使用方法については電話で問い合わせて欲しいとの書類が添付されていたため、業者あて架電したところ購入商品だけでは痩せないとして別の高額な商品を勧められた。「絶対に痩せさせる」「リバウンドしない」などのトークに乗せられて、購入することに同意してしまった。その後商品が送られて来て一部使用したが効果がないので未使用商品を返品したい。
<対応>
内容証明郵便にてクーリングオフ手続きし、使用した商品代金を現金で支払い、クレジット初回引き落し分はクレジット会社より返金、未使用商品は着払いの宅配便で返送し、解決。
(外観的には通信販売のためクーリングオフは利かないように見えるが、使用方法を問合せるようにとの指示によってかけた電話で勧誘されているので電話勧誘販売にあたりクーリングオフ適用対象となる。よって契約書面の交付義務が生ずることになるが、本件の場合契約書面が交付されていなかった為、購入申込から2ヶ月経過していたがクーリングオフ可能となった)